世界で活躍する人材に
神戸国際大学

世界で活躍する人材に

海を臨む多文化共生のキャンパスで、学生が互いを高め合いながら学ぶ神戸国際大学。「神を畏(おそ)れ、人を恐れず、人に仕えよ」を建学の精神として、教職員が一人一人の学生に親身に関わり、学びから就職、卒業までをサポートしている。経済学部(経済経営学科、国際文化ビジネス・観光学科)とリハビリテーション学部(理学療法学科)を設け、グローバル社会で主体的に活躍できる人材の育成を目指している。

国際交流 機会豊富に 留学制度1カ月から1年まで多彩

留学先のノルウェーで友達とスケートを楽しむ神戸国際大の学生(右から3人目)。短期研修から長期留学まで国際交流プログラムが豊富 国境を越えて活躍できる学生を育てようと、短期の海外研修から長期の交換留学まで、1年次から参加できる国際交流プログラムが豊富で、何度でも挑戦できる。「グローバルキャンパス」の考えのもと海外で自分のキャンパスのように学べる環境を整えており、協定大学は近年大幅に増加している。
まず海外初心者向けに、イギリスやオーストラリア、アイルランドでの約1カ月の短期留学を用意。語学力は問わず、教員が随行するので安心だ。次のステップが世界中にある協定大学で学ぶ約1~3カ月の中期留学、さらに長期で学びたい学生には半年~1年の交換留学がある。成長著しいアジア(タイ、台湾、ベトナム、韓国)を約1週間訪問し、現地企業などを視察するアジア研修も用意。
いずれのプログラムも単位認定されて費用の一部補助があり、交換留学では月5~7万円の奨学金があるほか留学先の授業料が基本的に免除される。またリハビリテーション学部の学生向けには、海外で現地の医療や福祉などを学ぶ海外施設研修も用意されている。

経済学部 資格取得支援など充実 2年次からコース選択

大学のチャペルで行われる「模擬結婚式」。実務に関する知識を身に付ける 経済学部には「経済経営学科」と「国際文化ビジネス・観光学科」の2学科がある。少人数制で教員と学生の距離が近いほか、自分が将来進みたい分野の資格取得支援や学外での実践的な学びも充実している。
さらに経済経営学科は9コース、国際文化ビジネス・観光学科は7コースに分かれる。特別クラス以外のコースでは、1年次の「大学基礎論」で学ぶ力を身に付け、2年次から自分の将来の目標に合わせてコース選択して専門知識を深めていける。
中でも国際文化ビジネス・観光学科では、知識習得とそれを実践の場で実証するフィールドワークを重視する。日本が世界に誇るホスピタリティービジネスについて学ぶ「ホテル・ブライダル・セレモニーコース」では、ホテルのブライダルフェアに参加して一流のサービスに触れるほか、大学のチャペルを使った模擬結婚式も体験できる。「国際コミュニケーション・エアラインコース」は神戸空港でゲート業務や離発着時のお見送りなど、実際の仕事を見学できる機会も設けられている。
専門の学びを深めたい学生は選抜試験を受け、少人数制でハイレベルな特別クラスに1年次から進める。両学科の学生が選択できる「英語特別クラス」は卒業までに最低でもTOEIC600点取得を目指すほか、留学生のクラスメートと毎日英語でコミュニケーションをとることで国際感覚と多様性を養う。「観光特別クラス」では旅行会社と提携し、旅行プランの企画販売を行うなどの企画を通じてプロ意識を育てる。

リハビリテーション学部 高い国家試験合格率 上級生が下級生指導

経験豊富な理学療法士の教員が実践重視の指導を行う リハビリテーション学部理学療法学科では、1年次から徹底した国家試験対策のカリキュラムを組むことで2017年度国家試験合格率97・2%を記録。高い専門性と技術を身に付けるだけでなく医療人としての人間形成にも力を注ぐ。
臨床経験豊富な現役の理学療法士の教員を中心に、少人数制で実践中心に指導する。基礎科目を中心に履修する1年次から通常の授業に加えて全員対象の補習を実施し、学習の到達度を測る理解度確認テストも随時行う。2年次から成長過程に合わせた臨床実習がスタートして実践的に学び、2年次終盤からの国家試験模試対策では毎回事前に専門科目の補講を実施。いよいよ4年次になると外部講師の特別講義も受け、国家試験前の復習を徹底して本番に臨む。
同学部では学習の専門性が高いため不安を抱く学生も少なくない。そこで上級生が自身の体験に基づき下級生を指導する独自の「オリターシステム」を導入。3年生が新入生に大学生活について伝え、卒業生は1、2年生に理学療法士の仕事について体験談を語る。長期実習を終えた4年生は3年生に実習の内容を伝えて助言。下級生は先輩の話から将来像を明確にし、モチベーションを高めて学んでいける。

就職サポート 少人数制生かしマンツーマン指導

少人数制教育の強みを生かし、マンツーマン指導で親身に就職をサポート 学生が満足できる就職を実現するため、手厚いキャリアサポートプログラムを設けている。少人数制教育の強みを生かし、マンツーマン指導で親身にサポートする。
経済学部では1年次から「自己探求入門」などを通じて自分の強みや弱みを発見。2年次で筆記試験対策やビジネスマナー講座がスタートする。3年次は毎週開かれる就職ガイダンス講座で業界研究や履歴書作成、面接対策を実施。3、4年次にはゼミごとに担当のキャリアカウンセラーを配置して徹底した個別指導を行うため、学生一人一人の性格や適性、希望職種などを把握して相談に応じることができる。
企業で就業体験を行うインターンシップが充実しているのも特長。希望者は原則全員参加でき、志望業界や業種が決まるまで何社でも申し込むことができる。
リハビリテーション学部では、医療業界の就職に特化したサポート体制を整えている。キャリアカウンセラーによる個別指導とは別に、外部専門家を招き医療人としての心構えやマナーを習得する講座を実施。約50の病院・施設を招いて学内で開催する合同就職説明会は学生が進路を定める好機。卒業生たちは全国の医療機関などで活躍している。

学長に聞く

日本の国際化を後押し

下村雄紀学長
―今年9月、創立50周年を迎えます。

戦後の日本人で初めて海外渡航の許可を受けて国際会議に出席した八代斌助師父が、1968年に八代学院大学として開学。包括的な教養を基礎に、「経済・経営」「国際文化ビジネス・観光」「リハビリテーション」の専門知識が身に付く教育を、少人数制で細やかに行っています。創立50周年に向け2年前から取り組む「グローバルキャンパス構想」は、国際化が進む現代社会で国境にとらわれることなく活躍できる人材育成を目指しており、早くから世界に目を向けた創立者が、開学時に掲げた「国際人として役立つ有為な人材育成」の理念につながります。

―構想実現への取り組みは。

協定を結ぶ海外の大学でも自分のキャンパスのように学べる環境を整えて、豊富な留学プログラムを用意。学内に居ながら国際的視野が身に付くよう、留学生との交流プログラムが盛んです。グローバルな舞台で活動、貢献したいと考える受験生のための特別入試枠も設けています。日本人には語学力の壁が大きい。せっかく世界で戦える才能や知識を持ちながら、語学力不足で国内にとどまる人材を増やさないよう、日本のグローバル化を後押ししようというものです。

―どんな学生に学んでほしいですか。

学長就任後もゼミや授業を受け持ち学生と接する機会が多いので、本学の学生の人間的な面白さを実感することがよくあります。気づきがあれば、学びに対して絶大な力を発揮する。そんな学生が多い。グローバルな視点と主体性を兼ね備えれば、世界で活躍、貢献できる人材にきっと成長できると考えています。

在学生からのメッセージ

多文化共生に慣れ自信

経済学部 国際文化ビジネス・観光学科3年 横川華梨さん(20)

観光について学びたいと思い、先生方との距離が近いところにも魅力を感じて進学しました。神戸国際大学は海外に協定大学が多く留学する学生が多いので、私も2年次にオーストラリアで6カ月の交換留学を経験しました。最初は緊張感でいっぱいでしたが、文化や生活様式が異なる環境にうまく溶け込め自信がつきました。日本にいる間から留学生との混合クラスで多文化共生の環境に慣れ親しんでいたこともプラスになったと思います。訪日客が増える中、英語力を生かし観光業界で活躍したいと夢を思い描いています。

大学概要

住所 神戸市東灘区向洋町中9の1の6
アクセス 六甲ライナーマリンパーク駅徒歩3分
学部(本年度定員) 経済学部(300人)、リハビリテーション学部(80人)
教員 教授30人、准教授13人、講師5人、助教6人
在学生 1718人(男1194人、女524人)
ホームページ http://www.kobe-kiu.ac.jp/

特集大学

  • 神戸大学
  • 関西学院大学
  • 兵庫県立大学
  • 甲南大学
  • 神戸学院大学
  • 兵庫医療大学
  • 神戸常盤大学
  • 大手前大学
  • 関西国際大学
  • 兵庫大学
  • 神戸国際大学
  • 神戸海星女子学院大学
  • 園田学園女子大学
  • 神戸親和女子大学
  • 大阪芸術大学短期大学部  伊丹キャンパス

特別インタビュー