実践が培う課題解決力
兵庫県立大学

実践が培う課題解決力

 国際商経、社会情報科学、工、理、環境人間、看護の6学部と9大学院研究科、4研究所、付属中学校・高校を擁する兵庫県立大学。世界最先端の研究施設をはじめ、県内の多様な施設と連携しており、先進的な教育研究環境に恵まれている。フィールドワークを通じ、地域や企業が抱える課題解決法を提案する主体的な学びの場を用意し、社会で活躍できる力を養っている。

社会情報科学部

実データ分析、企業と連携

演習に協力を得ている地元のスーパーKOHYO西神中央店で見学する学生  現代社会では、企業活動や個人の情報発信により、日々莫大(ばくだい)なデータが蓄積されており、データから新たな価値を生み出す、データサイエンティストのニーズが高まっている。2019年に誕生した社会情報科学部は、まさにそのデータサイエンティストを養成する学部だ。
 実践的な教育を特色とし、1年次から企業や公的機関などから提供される実際のデータを分析しながら、現実の課題解決に取り組む演習を実施。データサイエンティストの使命は、データ分析だけではなく、社会課題の解決であるという哲学を自然に学べるカリキュラムを提供している。 昨年度の授業では、1年生は「スーパーのお菓子」、2年生は「回転寿司(ずし)」をテーマに、企業から提供された実データをもとに販売促進策の提案を競い合った。データを分析し、現場責任者から話を聞いたり、店舗を見学したりすることで、問題のありかを見つけ解決の仕方をデザインする方法を体得していく。 こうした独自の取り組みに企業、自治体の関心も高く、学生との接点を増やすことでミスマッチのない就職にもつなげていこうとしている。 また、20年4月に運用を開始した情報科学研究棟では、学生たちが受講するほか、「ラーニングコモンズ」で自由に演習課題や自主学習に取り組んでいる。文理融合の学部であるため、学生同士が勉強を教え合う仕組みもできつつある。

工学部

実験の授業、感染防止を徹底

研究室で実験する学生たち。世界最先端の設備も活用しながら、未来に貢献できる新たな技術や素材を作り出す研究を行う  工学部は電気電子情報工学科、機械・材料工学科、応用化学工学科の3学科があり、各学科の二つの専門コースは3年次に選択する。大学施設としては国内最大の中型放射光施設「ニュースバル」なども授業に活用し、最先端の研究を通してレベルの高い教育を行っている。
 同学部のある姫路工学キャンパスでは建て替え整備が進んでおり、既に完成したB棟では教育研究に加えて産学連携を行っている。
 コロナ禍でキャンパスへの入構が制限された際も、工学部にとって欠かせない実験の授業を、少人数制や入れ替え制などにして感染防止に取り組んでいる。オンラインとなった授業でも、シミュレーターを活用して動作実験を行ったり、教員が詳しく解説しながら実演した実験動画を視聴後にデータ解析したりするなど、さまざまな工夫を凝らしている。

国際商経学部

グローバルビジネスコース キャンパスで〝留学体験〟

国際学生寮内の共有スペース。留学生と日本人学生が一緒に勉強したり談話しながら多文化理解を深める(コロナ禍以前に撮影)  19年度に開設された国際商経学部は、「経済学」「経営学」「グローバルビジネス」の3コースを設置。4年間を通じて少人数ゼミに所属し、プロジェクトベースの実践的教育を重視しながら、地域社会・グローバル社会を切り開く人材を育てる。
 「経済学コース」「経営学コース」では、経済学・経営学の基礎を学んだ上で、2年次後期からどちらのコースに進むか選択できる。「グローバルビジネスコース」は1年次から授業をすべて英語で行う。日本人学生の1年生は、大学敷地内にある国際学生寮で留学生と共同生活を送り、異文化を学び合う。
 また、1年次後期から2年次前期に行う「プロジェクトゼミナール」で、留学生と日本人がチームを組んでさまざまなプロジェクトに取り組むなど、日本にいながら留学しているような感覚を味わうことができる。

環境人間学部

SDGsに通じる学び

 環境人間学部では健康や食、福祉、教育、ジェンダー、まちづくり、気候変動などを幅広く横断的に学ぶことができ、持続可能な開発目標(SDGs)で掲げられている17のテーマと重なる。
 例えば、乾美紀教授は、ゼミ生と一緒に県内在住の外国人の子どもたちの補習教室を行うだけでなく、ラオスに学校を建設する活動を展開。伊藤雅之、奥勇一郎両准教授は、全国最多とされる県内のため池が温室効果ガスの発生源になっている一方で、周辺地域のヒートアイランド化を防ぐ効果も持つことを踏まえ、地球・地域の両面から管理手法を研究している。
 人間形成、国際文化、社会デザイン、環境デザインの四つの専門系と、管理栄養士を養成する食環境栄養課程があり、深い専門性と幅広い視野の両方を身につけられる。1級・2級建築士の受験資格や保健体育の教員免許も取得可。

理学部

物質、生命…二つの視点で研究

 理学部では、多様な思考力・方法論を学ぶことができるよう、数学・物理学・生物学など従来の学問体系の枠組みを超えて、大きく物質科学と生命科学という二つの広い視点から教育・研究を進めている。
 物質科学科、生命科学科の2学科は、それぞれ三つの履修コースがあり、志望・適性に応じて、多様な選択ができる。大型放射光施設スプリング8やエックス線自由電子レーザーSACLA(さくら)のそばに位置する利点を生かし、これらの施設を利用して物質・分子の超微細な構造研究などの独自の先端研究を行い、先端科学技術を担う人材を育成する。
 21年4月に再編・新設された大学院理学研究科では、インフォマティクス(情報科学)で物質科学と生命科学が融合した、物質・生命の枠を超える新たな理学研究が進められるのを間近で体験できるのも魅力だ。

看護学部

国家試験に全員合格 看護師、保健師、助産師

 「ケアをもってケアの専門家を育てる」という教育方針の下、対話を通して自身の気付きを大切にしながら看護ケアを考える自律的な学びを支えている。人々の生活支援に焦点を当て、豊かな人間性を育みながら現代の複雑化した健康問題に対処し、さまざまな場面で活躍できる看護職を育成している。
 看護学教育を看護師教育と保健師教育に分離せず、統合カリキュラムで行っていることも大きな特長だ。卒業時には全員が看護師と保健師両方の国家試験受験資格が取得可能。さらに選択制で、助産師の国家試験受験資格、養護教諭一種免許まで4年間で取得でき、21年度の国家試験では看護師、保健師、助産師の受験生全員が合格した。

学長に聞く

先進的教育新時代拓く

太田勲学長
―大学の特徴は。

 本年4月、抜本的再編により発足した社会科学、情報科学、理学の大学院3研究科を含めて、本学は6学部、9研究科、4付置研究所、付属中・高等学校を擁する全国トップクラスの公立総合大学です。8年後に迎える兵庫県立大学創基百周年ビジョンとして「社会から信頼され評価される、世界水準の大学」を掲げて先進的な教育研究環境の整備に取り組んでいます。大型放射光施設「スプリング8」やスーパーコンピューター「富岳」など世界最先端の研究施設と連携した教育研究を進め、地域や産業界と協働し課題解決を図る実践的なプロジェクトも手掛けています。

―新たな取り組みは。
 2019年度、国際商経学部にグローバルビジネスコースを開設しました。約20カ国からの留学生、日本人学生半数ずつで構成され、1年次には全員が学生寮で共同生活を送ります。データサイエンスを活用し、産業・地域の課題を解決できる人材を養成する社会情報科学部も開設しました。22年度開院予定の県立はりま姫路総合医療センター(仮称)に先端医療工学研究所(仮称)を整備します。工学、理学、看護学、環境人間学、情報科学などの知見、技術シーズを融合し、医療機関、産業界、自治体と連携し医療関連機器やデジタルヘルスなどの研究開発を促進します。

―受験生にメッセージを。
 コロナ禍の中、頑張る受験生にエールを送ります。目的意識を持ち、日本のみならず世界を舞台に活躍したいという学生の思いに応える教育の場を用意しています。ニューノーマルの時代を切り拓(ひら)く大学教育のあり方を常に考えながら、「学生ファースト」の教育を実践していきます。

在学生からのメッセージ

患者、家族のケア大切に

看護学部 看護学科3年 常木さくらさん

 高校生の時の看護体験を機に看護師を目指そうと決めました。国公立初の看護系単科大学で歴史があること、保健師、養護教諭、助産師の資格も取得できることを知り、選びました。臨床経験が豊富な先生方が多いため講義が分かりやすく、発表する機会が多いので自分の看護観を固めることができます。副専攻「防災リーダー教育プログラム」の授業では、被災者の方から直接お話を伺う機会もあり座学とは違う学びが得られました。他学部学生とともに学ぶことで会得したコミュニケーション力も看護の実践に生かせそうです。
 看護師を目指して入学しましたが、今は保健師や助産師の仕事にも魅力を感じています。将来は患者さんだけでなく、その家族へのケアも大切にし、人々が自分らしく生活していけるよう援助できる看護職者になりたいです。

掲示板

公開講座参加受け付け

山陰海岸ジオパークと但馬:豊かな自然と人々のくらし

山陰海岸ジオパーク等を巡り、土地の成り立ちや自然、文化を学ぶ。
【開催日】6月20日(日)、7月4日(日)、10月10日(日)、11月7日(日)、12月5日(日)
【開催場所】京丹後市、神戸市、新温泉町、鳥取市、豊岡市の各地

人のからだ・いのちの不思議

~赤ちゃんの看護を体験しよう~
人の〝からだ〟、〝いのち〟を看る看護師の仕事について紹介。
【開催日】8月3日(火)
【開催場所】明石看護キャンパス
魅力ある公開講座を多数開講予定です。
詳細はhttps://www.u-hyogo.ac.jp/cooperation/lifelong/index.html

大学概要

住所 神戸商科=神戸市西区学園西町8の2の1
姫路工学=姫路市書写2167
播磨理学=赤穂郡上郡町光都3の2の1
姫路環境人間=姫路市新在家本町1の1の12
明石看護=明石市北王子町13の71
アクセス 神戸商科=神戸市営地下鉄学園都市駅徒歩10分
姫路工学=各線姫路駅から神姫バス「県立大工学部」
播磨理学=JR相生駅から神姫バス「県立大理学部前」
姫路環境人間=各線姫路駅から神姫バス「県立大環境人間学部」
明石看護=各線明石駅から神姫バス「がんセンター前」
学部(本年度定員) 国際商経学部(360人)、社会情報科学部(100人)、工学部(352人)、理学部(175人)、環境人間学部(205人)、看護学部(105人)
教員 教授226人、准教授176人、講師33人、助教81人、助手2人
在学生 5411人(5月1日現在)
ホームページ https://www.u-hyogo.ac.jp/

特集大学

  • 神戸大学
  • 兵庫県立大学
  • 芸術文化観光専門職大学
  • 甲南大学
  • 神戸学院大学
  • 流通科学大学
  • 兵庫医科大学
  • 神戸常盤大学
  • 神戸芸術工科大学
  • 関西国際大学
  • 園田学園女子大学
  • 大阪芸術大学短期大学部

特別インタビュー