〝超小人数〟で人間力養う
神戸海星女子学院大学

〝超小人数〟で人間力養う

カトリックの修道会を設立母体とする神戸海星女子学院大学は、「人を支え、輝く」をモットーに、1学部2学科制の「超小人数(ちょうこにんずう)」教育を貫く。手厚い指導や質の高い英語教育、心理学を導入したカリキュラムなどで、高い就職率と豊かな人格形成を実現している。

心理こども学科

「心理学」+「保育・教育」 子どもの心に寄り添う先生に

豊富な現場体験を持つ幼児教育の教員が学生一人一人を丁寧に指導。教員と学生の距離が近いことが神戸海星最大の魅力 心理学と保育・教育が学べるユニークな学科。心理学の知識やスキルを身に付け、現場で求められている「先生」の育成を目指す。
30科目の心理学科目をそろえる保育・教育系の学部・学科は関西でも珍しく、「心理学を学びたいから神戸海星に」という学生も増えてきている。昨年度から「公認心理師」資格取得に対応した学部カリキュラムを導入し、将来の選択肢も広がっている。

心理学実習(箱庭)の様子。「公認心理師」資格取得に対応したカリキュラムが導入されている 神戸海星の心理学は、「臨床心理学実習(心理テスト法)」などで『自己理解』を深め、「発達心理学」「乳幼児心理学」などで『子ども理解』のスキルを養う。さらに「心理学的支援法」などで『保護者理解』を学ぶ。これら三つの視点から人間関係を築く力を身に付け、子どもだけでなく、保護者も支援できる先生の育成を図る。超小人数制の強みを生かした参加型の授業スタイルは学生にも好評だ。
また、体験を通して実践を学ぶ場も豊富。保育所などの児童福祉施設、幼稚園、小学校での現場実習のほか、ピアノや図画工作などの実践型学修にも力を入れている。
さらに、地域子育て支援事業「海星子育てひろば」、各教育委員会や灘区と連携したボランティア活動、幼児教育指導法を中心とした3科目の連携授業「楽しい遊びのプレゼント」、オーストラリアでの幼稚園実習研修などの学びの場も魅力だ。大岸啓子教授は「専門科目を学びながら現場での実体験を積み重ね、将来の方向性を定めていきます。卒業生の相談にも親身に対応しており、卒業後も大学を訪ねてくる方は多いですね。学科教員がチームで支援を続けています」と話している。

英語観光学科

「海外へ」+「社会へ」 私という「旅」を育てる

各国からの観光客に英語でガイドを行う学生。「海星ハワイプログラム」には映画のロケ地として有名なクアロア牧場で1年間行うインターンシップもある 大学開学当初より定評ある英語教育と、注目を集める観光分野を融合させた「英語観光学科」。学科に英語を冠した県内唯一の観光系学科として2014年のスタート時から高い注目を集める。英語と観光のスペシャリストを目指し、段階的に学べるカリキュラムを用意している。
1、2年次に集中する「英語力養成プログラム」では、レベルに応じて10人前後のクラスに分け、個別的指導で確実に英語力を伸ばす。
小学校の英語教育が教科化され、指導者のニーズが高まる中、それに応えるのが「海星キッズイングリッシュプログラム」。第2言語習得理論や授業運営の方法を学び、地域の小学校などで授業を行うことで指導力を養う。
観光分野では「航空ツーリズム論」「宿泊事業論」などの専門科目が充実。ホテルなどとの連携によるイベント企画や商品作り、ひょうごツーリズム協会企画の「学生ガイドによるまち歩き」などフィールドワークも多彩だ。古民家再生事業の現地調査や集客企画など、「観光」による地域活性化の課題にも積極的に取り組んでいる。
海外研修プログラムも充実している。語学留学プログラムでは、本年度は提携するオーストラリアの大学への短期オンライン留学を実施予定。また、海外の観光の現状を学ぶ「ツーリズム研修」のほか、ハワイの観光系企業で就業し、実践力を培う「海外インターンシップ」がある。「学生は意欲的に参加しています。国際感覚を身に付け、企画力や交渉力を養い、自分だけの『旅』を育ててほしい」と一尾敏正准教授は語っている。

キャリアセンター

個性把握し進路指導

「キャリアセンター」では学生一人一人の希望に耳を傾け、個性と適性を共に確認していくことで個人に合わせた指導を実施。1年次の必修科目「キャリアデザイン入門」ではグループワークなどを通してコミュニケーション力を育成。適性検査で将来ビジョンを明確にする。
2年次の「海星学」では、人格的素養の学修と共に外部講師や卒業生などによる「就職」をテーマにした講演会でキャリアに向かう意識付けを強化。3年次から本格的に就職サポートを開始。全28回の就職準備セミナーや、航空・旅行・ホテル業界対策講座などでビジネスマナーから書類対策、面接対策、模擬面接会と、就職試験に向けた手厚い指導を行う。
4年次には採用内定までマンツーマンでサポート。「資格取得支援」や、企業で実際に仕事を体験する「インターンシッププログラム」も充実している。
保育士・教員の希望者には「保育・教職センター」が2年次から対策講座を開設。保育士・幼稚園・小学校教諭志望者の就職率は100%に達している。

独自の奨学金制度

英検2級以上で授業料免除

英検2級相当以上の有資格者には、初年度授業料を免除する奨学金制度を2012年から続けている。英語外部試験の取得スコアに応じて1年次の1年間(84万円)、春学期(42万円)、春学期の半額(21万円)の「3段階」で授業料を免除。また、オープンキャンパスで英検2級の対策講座を無料で実施し、入学前の資格取得支援も積極的に行っている。
一般前期A入試と大学入学共通テスト利用入試での成績優秀者奨学金もあり、一定基準以上の得点率の受験生「全て」が対象となる。2年次生以降が対象の「ステラ・マリス奨学生制度」も。成績のほか、学内課外活動などの評価で1学期の授業料の全額または一部免除を受けられる。

在学生だから知る!お薦めスポット

アルバイト後の楽しいひととき

神戸ハーバーランドのカフェ 大学からの帰りに、友だちとJR三ノ宮駅や神戸駅で降りて、買い物するのが楽しみ。子どもが好きなので、「神戸ハーバーランドumie」にある親子向けの施設で週に3、4回のアルバイトをしています。アルバイトが終わった後にバイト仲間とカフェによく行きますが、お気に入りはモザイクのカフェ。ポートタワーのライトアップを眺め、タピオカを飲みながらおしゃべりするのは楽しいひとときです。神戸海星の友だちとアルバイト先の他大学の友だち。両方の仲間に恵まれて、充実した大学生活を送っています。目下、神戸市の教員採用試験に向けて勉強中です。大好きな神戸の街で、「小学校の先生」になる日を目指して頑張ります。
(現代人間学部心理こども学科4年・池澤未奈さん)

学長に聞く

奉仕の精神 身に付けて

小野礼子学長
―学長に就任されて3年。

専門教育と同時に、キリスト教的価値観に基づき、人を支え社会に奉仕する女性の育成に力を注いでいます。私たちが「KAISEIパーソナリティ」と表現する人格的素養「他者を思いやり、自己を律し、知性と奉仕の精神に富み、正しい倫理観と豊かな国際感覚」を卒業生全員に身に付けてほしい。新型コロナウイルスの感染拡大の影響などによって社会は急激に変化していますが、他者への思いやりや奉仕の精神は、どのような状況でも、あらゆる分野で必ず求められ続けるでしょう。

―具体的な取り組みは。

現代人間学部「英語観光学科」「心理こども学科」の1学部2学科を設置しています。「英語観光学科」は「英語」と「観光」が一体となった学科です。観光の実践的スキルやホスピタリティー(おもてなしの心)の修得に加え、必須となるのが英語力。英語のベースがあればこそ観光分野で力を発揮できるのです。英語観光学科で学んだ知識や英語コミュニケーション能力は将来、観光にとどまらずどんな分野に進んでも生かせるはずです。「心理こども学科」は、他大学に類のない特徴として、「心理」と「子ども」の両面を学びます。心理学の学びを通して子どもはもちろん、保護者の心にも寄り添える「先生」の育成を目指します。また、国家資格「公認心理師」の学部カリキュラムも整備しています。

―受験生にメッセージを。

1学年95人の本当に小さな大学ですが、それだけに少人数のクラス単位できめ細かな授業を行う、ぜいたくな学びの環境が整っています。大きな大学では味わえない先生や友達との交流の中で成長し、社会に貢献し、輝く女性となることを目指す大学です。

在学生からのメッセージ

夢を諦めないで頑張る

現代人間学部 英語観光学科4年 坂田かれんさん

少人数制にひかれたのが神戸海星を選んだ理由です。中学高校とマンモス校に通っていたのですが、私自身内向的で、多くの生徒の中で先生は見てくださっているのかなと不安に思うことがありました。神戸海星は先生方が学生一人一人にしっかり向き合ってくださいます。2年次の大学祭ではゼミ長として模擬店のまとめ役をしました。先生が親身になって後押ししてくださったおかげで、楽しく模擬店を運営できたことは、本当によい思い出です。
おっとりしているけれど、しっかりした「芯」を持っている学生が多いのが神戸海星らしさではないでしょうか。将来、ホテルや客室乗務員など観光関係の仕事に就くのが夢です。厳しい就職状況ですが、「目指したいものを諦めないで」というゼミの先生の言葉に背中を押され、夢に向かって頑張ります。

大学概要

住所 神戸市灘区青谷町2の7の1
アクセス 阪急王子公園駅、JR灘駅徒歩約13分
学部(本年度定員) 現代人間学部(95人)
教員 教授11人、准教授4人、講師5人、助教1人
在学生 384人(5月1日現在)
ホームページ https://www.kaisei.ac.jp/

特集大学

  • 神戸大学
  • 兵庫県立大学
  • 甲南大学
  • 神戸学院大学
  • 兵庫医療大学
  • 神戸常盤大学
  • 流通科学大学
  • 関西国際大学
  • 神戸海星女子学院大学
  • 大阪芸術大学短期大学部  伊丹キャンパス

特別インタビュー