一人一人 手塩にかける

大手前大学 2023

大手前大学

一人一人 手塩にかける

「STUDY FOR LIFE(生涯にわたる、人生のための学び)」を建学の精神に掲げる大手前大学。現代社会学部、国際日本学部、建築&芸術学部、健康栄養学部、国際看護学部に加え、2023年4月には「人生100年時代を見据え、変化の時代を生き抜くキャリアの土台を身に付ける」経営学部を開設予定(設置届け出中)。6学部を擁する総合大学として新たな一歩を踏み出す。

23年春、経営学部誕生

企業が抱える課題 素材に

経営学部のカリキュラムの目玉「産学連携PBL」では、企業から提示される課題に、学生たちが当事者意識で解決に挑む

23年4月に開設する経営学部は「地域に軸足を置きつつ、課題解決を通して、社会の幸福と持続可能な発展に貢献できる学生を育てる」ことを目指している。企業が実際に抱える課題を素材に実社会で通用する力を身に付けることに加え、振り返りの時間や人間力教育を重視することで、生涯にわたって学び続ける力や、ビジネスパーソンとして求められる人間力も養う。
時代の変化や企業が求めている能力を反映させ、学ぶ内容や方法が現実的かつ実践的な内容となっていることが特長だ。

グループワークで解決案練り上げ

北村雅昭教授(経営学部長予定者)

それを象徴するのが五つの専門分野。「経営」「会計」「マーケティング」に「デジタルビジネス」「いきいきキャリア」の二つを加えたことが目を引く。「デジタルビジネス」では、経営を根底から変えるビッグデータやAIなどのデジタル技術、データサイエンスへの理解を深める学びが、また「いきいきキャリア」では、働くとは何か、なぜ私たちは働くのか、人生の転機をどう乗り越えるのかなどを学ぶ自分の生き方を主体的に選択し、働き続けるための力が得られる。阪神間に集積する産業の特長に合わせ「スイーツビジネス」「食のマーケティング」「ファッションマーケティング」といった科目が用意されている点もユニークだ。「五つの専門分野を横断的に学ぶことで人生100年時代を生き抜く力をつけてほしい」と学部長予定者の北村雅昭教授。

産学連携PBL

カリキュラムの目玉は、20社の企業と共同開発した「本気の産学連携PBL(Project Based Learning)」だ。企業から与えられた課題に対して、経営学の理論をもとにアプローチする。データの取り方や調査分析方法、発想法、プレゼンテーション技術なども学んだ上で、グループワークを通じて課題解決提案を練り上げていく。「企業の担当者からは課題を与えられるだけでなく、提案に対する指摘やアドバイスを得ることで、今の社会でどのような能力が求められているかを知ることができ、企業で働くことの実感を得ることもできる」と話す。

「内省」自分への気づき促し成長

Research(理論・研究)とReality(実際・実践)を行き来することで現実の課題を解く力を養うとともに、すべての科目においてReflection(内省)の時間を設け、自分の興味や強みへの気づきを促す「3R」が大手前方式だ。「内省とは振り返ること。授業の最後に、それまでの取り組みを通じて興味を持ったことは何か、グループワークの中で自分が果たすことのできた役割は何か、などを見詰め直すことによって、自分の強みや社会に出てどのような使命を果たしたいのかまでを自覚できるように導きたい」とねらいを説く。

また、「良好な人間関係を築くことが生涯にわたって人間としての成長にもつながる」ことから、「人間関係トレーニング」「リーダーシップと問題解決」「職場コミュニケーション」をはじめとする人間力科目も充実。経営学部の定員は他大学の平均定員と比べて半分強の170人で「小規模だからこそ教職員が一人一人を手塩にかけ、学生の成長に責任を負う教育を実現させていきたい」と話す。

さくら夙川キャンパス

学部超え自由に履修

大手前大学は、西宮市の「さくら夙川キャンパス」に経営学部(23年4月開設予定)、現代社会学部、国際日本学部、建築&芸術学部の4学部が、そして大学の名前の由来となっている生誕の地「大阪大手前キャンパス」に健康栄養学部、国際看護学部の2学部が設けられている。さくら夙川キャンパスはJR、阪急、阪神の最寄り駅から徒歩約7分、大阪大手前キャンパスは地下鉄から徒歩約2~5分と、いずれもアクセスがよく通いやすい立地にある。

主専攻は2年次決定

漫画制作専攻の学生が経営学用語を紹介するコラボ漫画を制作。「クロスオーバー」の成果のひとつ

さくら夙川キャンパスの文系4学部の特長は二つ。まず、学部を超えた学びができる「クロスオーバー」。すべての学生が4学部19専攻の中からすべての専攻科目を自由に履修でき、「学びたいことがたくさんある」「大学入学前には何に絞って学んでよいのかわからない」といった生の声に配慮している。もう一つは、入学後に学んでから主専攻を選べる「レイトスペシャライゼーション」。入学後1年間はさまざまな専攻の基礎科目を学んだ上で自分が深めたい主専攻を2年進学時に決められるので、目指す将来に合わせて学びを探究することができる。

大阪大手前キャンパス

生命と健康に寄与 SDGs見据えた活動も

管理栄養士を目指す健康栄養学部、多様性を理解した看護師を目指す国際看護学部を擁する大阪大手前キャンパスでは、生命と健康に寄与することを踏まえ、持続可能な社会を実現するSDGsの目標達成を見据えた活動にも取り組んでいる。健康栄養学部では「食べる喜びをすべての人へ」をテーマに、学生に寄り添う教育と効率的なカリキュラムで、コミュニケーション能力の高い管理栄養士を養成し、なりたい未来へ導く教育を進めている。国際看護学部では、国内外の病院や検疫所で実習し、「看護師とは、人の命を守ると同時に、痛みを伴う多様な人々の命に寄り添う専門職」であることの理解に努めている。これらの取り組みを通して、管理栄養士・看護師が、創ることのできる未来があることを実感できる。来年4月には、大学院・国際看護学研究所を開設する予定だ。

学長に聞く

人々を幸せにする力を

―新学長に就任し、目指す大学とは。

平野光俊学長

建学の精神に掲げる「STUDY FOR LIFE(生涯にわたる、人生のための学び)」を現代的にとらえ直し、人生100年時代にたくましくしなやかに生き抜くために学び続ける力を養い、育てていきたいと考えています。そして、答えのない課題に、学問の力を借りながら自分で考え、解決策を見つけ出す適応的な挑戦に応じ、地域に根差して活躍する学生を輩出していきます。

―そのための学びの特長は。

一つ目は、人間の普遍的な知を幅広く学ぶ「リベラルアーツ」をすべての学部の基本として重視していることです。皆が当たり前と思っていることに批判的な検討を加え、自らの頭で考え、問題を相対化し、主体的に自分らしいキャリアを選択できる力を養います。二つ目が「クロスオーバー」です。夙川キャンパスの4学部では学部を超えた科目の履修が可能で、2年生までに自分の進路を考えた上で専攻を決めることができます。また、2023年度に開設予定の経営学部では、連携する20の企業が実際に抱える課題に対して解決法を提案するプロジェクトベース型の授業を通じ、学生の可能性を広げます。

―来てほしい学生像は。

市民として社会の人々を幸せにしたい、すなわち自分以外のだれかを幸せにしたい、と思う人に来てほしいですね。だれかを幸せにすると、その幸せは必ず自分にかえってきます。教職員一丸となって「手塩にかけて育てる」コンパクトな大学ならではの学風のもとで学び、社会に巣立った後も成長し続ける人になってほしいと思っています。

在学生からのメッセージ

幅広い学びで興味探る

現代社会学部4年 海﨑渚さん

 進路が漠然としていた私は、他学部の科目も履修でき、学びの幅を広げられるクロスオーバーという制度にひかれ入学を決めました。元々、メディア・芸術学部(現建築&芸術学部)に入学したのですが、1、2年の授業で経営やマーケティングが面白いと感じ、3年次に現代社会学部に転部しました。現在は、ゼミで模擬商談を行っており、交渉術について学んでいます。大学での学びを通じ、興味があることには1歩踏み出して行動を起こすことがまず大切で「失敗しても軌道修正して進めばいいんだ」と何事にもチャレンジできる気持ちを養うことができました。日本では慣習に縛られた考え方に支配されていることが多いと感じており、社会に多様性を当たり前のように根付かせることを発信できる仕事に就けたらよいな、と考えています。

掲示板

短期大学からのお知らせ

大手前短期大学では、2023年4月「医療事務総合学科(仮称)※」開設を予定しています(設置構想中。変更が生じる可能性もあります)
「医療のあしたに、なくてはならない私になる。」を掲げ、医療事務の高度な知識と技能、実務能力を身につけるカリキュラムを展開。実践的な教育で、これからの医療現場のニーズに応える医療事務のスペシャリストを目指せます。

大手前短期大学では身につく四つのチカラとして、

  1. 医療事務のスペシャリストを育成、高度な資格取得を目指す
  2. 医療業務全般に対応できるビジネス系の科目も配置
  3. 医療現場に対応できる人間力を養成
  4. 医学・歯学・看護・調剤などに関する知識を幅広く習得―

を目標にしています。

大学概要

住所 さくら夙川キャンパス=西宮市御茶家所町6の42
大阪大手前キャンパス=大阪市中央区大手前2の1の88
アクセス さくら夙川=JRさくら夙川駅徒歩約7分、阪急夙川駅徒歩約7分、阪神香櫨園駅徒歩約7分
大阪大手前=大阪メトロ谷町線・京阪天満橋駅徒歩約2~5分
学部
(本年度定員)
現代社会学部220人、国際日本学部190人、建築&芸術学部180人、健康栄養学部80人、国際看護学部80人
教員 教授60人、准教授38人、講師15人、助教8人、助手2人
在学生 3216人(5月1日現在)
ホームページ https://www.otemae.ac.jp/

 

TOP